DRPネットワーク株式会

車の修理・鈑金塗装の全国ネットワーク
高い技術力、明解な見積り基準で、安心と信頼のカーメンテナンスをお約束いたします。

自動車リサイクル法

当社の自動車リサイクル法に対する対応について

DRPネットワーク(株)は、事故車両(全損車、盗難車、水没車)の引取り・販売・処理を当社の主要3業務の一つとして積極的な展開をはかっています。

特に、平成17年1月1日より本格施行された自動車リサイクル法に対しては、使用済み自動車の再資源化の重要性に鑑み、自動車リサイクル法の全ての規定を厳格に遵守すると共に下記の通り適切な再資源化に積極的に関わっています。

1.使用済み自動車の引取り

DRPネットワーク(株)本部が引取り業者及びフロン類回収業者の登録を行うと共に、全国の傘下加盟店工場(自動車鈑金・塗装修理業者)全てが引取り業者登録を行い、日本全国どこで引取り要請があっても即対応できる体制を構築している。

当社は損保各社から引取り要請あった車両は全て原則有償で引取る。

又、弊社本部は100台受入れ可能な茨城工場に加え、本社に隣接した場所に3千㎡の駐車場を確保し、車両受入れに万全を期している。

2.書類の取り纏め

引取った車両を処理するには、必要な書類を完璧に取り揃えることが条件となる。当社では、専任担当者が書類の取り纏めに従事し、原則車両引き上げ後1ヶ月以内に必要な書類の取り纏めを完了している。

3.車両オークションの実施

書類が取り纏まった車両は、直ちに当社独自のDRPネットワーク車両オークションに出品し、オークション会員である傘下加盟店工場、中古部品、最終処理業者、輸出業者に紹介する。又、当社が自動車鈑金・塗装業者の集まりである利点を生かし、高度な鈑金・塗装の技術をもとに出来るだけ車両を再生させ、スクラップとしての処理量減少を心がけている。

4.最終処理

両再生および輸出に適しない車両は最終処分に回すが、自動車リサイクル法の解体業者登録、最終破砕(シュレッダー)処分業者資格を取得した業者と提携し、最終処分まで責任を持って対応する。

5.自賠責、自動車重量税の還付

最終処分が決まった車両は、自動車リサイクル法の規定に従い、責任を持って自賠責及び重量税還付の手続きを行う。

スマホ版
スマホ対応HP
Copyright© 2018 DRP Network Inc. All Rights Reserved
Copyright© 2018 DRP Network Inc.
All Rights Reserved