当社サービスを快適かつ適切に稼働させるべく、
アクセス者の情報収集とCookie等の仕組みを活用しております。
サイトご利用において 本事項 に同意したものとみなします。
閉じる
DRPネットワーク株式会

車の修理・鈑金塗装の全国ネットワーク
高い技術力、明解な見積り基準で、安心と信頼のカーメンテナンスをお約束いたします。

自動車事故にあった時の保険会社の対応の違い

自動車事故にあった時の保険会社の対応の違い | DRPネットワーク

自動車事故にあった時の保険会社の対応の違い

自動車保険を選ぶ際に気になるのは、事故後の対応です。
それぞれの保険会社が自社の強みを謳っていますが、きちんと相談に乗ってくれるか、示談まで行ってくれるかなど不安は尽きません。
ここでは、保険会社による事故後対応の違いをご紹介します。正しい知識を持って、自分が納得のいくところを選ぶようにしましょう。

相談受け付け時間・対応時間は各社さまざま

保険会社によって、相談を受け付けている時間帯は異なります。
自動車は、いつ何時トラブルに見舞われるか分かりません。深夜や早朝の運転中に事故を起こしてしまうこともあるでしょう。
そんなとき、24時間対応してくれる保険会社でなければ、場合によってはかなりの時間待たなくてはならないこともあります。
また、注意しておきたい点は、「24時間受け付け可能」と謳っていたとしても、「24時間対応可能」とは限らないということです。
こういった保険会社では、相談だけ先に済ませても、結局は待ち時間が発生してしまいます。
思い違いがないように、契約前に詳しく確認しておくことが大切です。

現場であなたを助けてくれるか?

事故現場にスタッフが駆けつけてくれるかどうかも、チェックしておきたいポイントです。
事故を起こしてしまったとき、真っ先に行わなければならないのは、二重事故を防ぐことと、被害者の救助です。
しかし、事故を起こした当事者は気が動転してしまい、適切な判断を下すことが難しくなります。
そんなとき、スタッフが現場に駆け付けてくれる保険会社を選んでいれば、非常に心強いことでしょう。
最近では、多くの保険会社が現場への急行を謳っていますが、動き始めるまでの速度も会社によって差があるため注意しましょう。
また、事故現場ですぐに保険手続きができると思っている方もいるかもしれません。
しかし、駆けつけてくれるのは社員ではなく、委託のスタッフの場合がほとんどであるため、その場で保険手続きを行うことはできません。
事故現場での処理が済み、警察へ届け出た後に改めて手続きを進めていくことになります。

示談のノウハウは事故処理の重要事項!

事故が起こったとき裁判などを通さず、誰がどういった形で賠償を行うのかについて、具体的に当事者同士で話し合って解決することを示談といいます。
法的な知識が必要となるため、示談交渉を素人が行うのは非常に難しく、その際には保険会社を頼ることになります。
保険会社によって、示談交渉のノウハウには差があります。
示談で解決できない場合は裁判や調停に持ち込まれてしまうことになるため、ノウハウをしっかりと持っている保険会社を選んでおくに越したことはないでしょう。
示談交渉がデフォルトではなく、オプションとして設定されているところもあります。
契約前にしっかりと確認するようにしましょう。

以上のように、保険会社によって事故後の対応は異なります。
保険会社の比較サイトを見たり、公式ホームページを確認したりして、よく考えた上でどの会社と契約するかを決めてください。

スマホ版
スマホ対応HP
Copyright© 2021 DRP Network Inc. All Rights Reserved
Copyright© 2021 DRP Network Inc.
All Rights Reserved